2015年03月01日

北杜市長坂町「人財育成セミナー−ワークライフバランス」へ!

20150301yatsugatakeoizumi.JPG

北杜市長坂町で開催された
「人財育成セミナー」に参加してきました。

(株)WLBの大畑慎護さんを講師に、
ワークライフバランスについて伺いました。

仕事と家庭・私生活の両方が
良い相乗効果を得るには、
自分の時間をいかに有用することが大切と。

締め切りに追われ、つい自分の時間を気にしない日々、
気づきの多い講座でした。猛省です。

長坂町は雨、ここ八ヶ岳は大雪でした。
高野
posted by タカノマサヒロ at 20:12| Comment(0) | 地域情報誌「八ヶ岳ウォーク」

2015年02月02日

八ヶ岳・南アルプスの地域情報誌「八ヶ岳ウォーク」2015版、今年も始動します。

八ヶ岳・南アルプスの地域情報誌

「八ヶ岳ウォーク」2015版が、

今年も発行します。(4月下旬には、無料で配布予定)


昨日は同誌取材で、

『八ヶ岳・富士見高原リゾート』へ伺いました。


 fujimihippo.JPG

これは、アウトドア用車イス「HIPPO」です。


同リゾートは、豊かな自然環境にある八ヶ岳観光圏で、

ベビーカーや車イス利用者、

高齢者や身体の不自由な方々と健常者が、

共に楽しむフィールド(社会環境)づくりの

プロジェクトを行っています。


同リゾートでの取り組みの一つとして、

HIPPO」(7台)が用意されています


不整地でも利用しやすく工夫されていて、

デザインもカッコイイですね。


今年66日・7日には

「全ての場所で、全ての人と感動を共有する」を掲げ、

『ユニバーサル・フェス』が、同地で開催されます。


少しだけ意識を変えることで、この里山で多様な人々が、

もっと楽しめるようになれたら、素敵ですね。




今から、イベントが楽しみです!





posted by タカノマサヒロ at 14:13| Comment(0) | 地域情報誌「八ヶ岳ウォーク」

2015年01月23日

2015年、引越しました!

八ヶ岳麓に仕事場と住居を東京から移して、
あっという間に23年が経ちました。

昨年末に標高1200m超えた、
県営八ヶ岳牧場の側に引越しました。

あらためて、この自然豊かな八ヶ岳の魅力や生活を、
活字でお伝えできたら嬉しいです。

oizumitakanooff.JPG

「ないものねだり」はしないで、
「あるもの探し」をしていきます。

ご交誼よろしくお願いします。
読んで頂き、感謝です。

八ヶ岳の出版人 高野兄より
posted by タカノマサヒロ at 16:22| Comment(0) | 八ヶ岳の編集的日記

2013年09月26日

フォトジャーナリスト不肖・宮嶋氏の 写真展&たまご屋プロデュース担当の会議に出席

キャノン銀座ギャラリーで、
フォトジャーナリスト 不肖・宮嶋茂樹氏の
写真展「アサイメント(委任された仕事)」に行きました。

宮嶋さんとは「フライデー」時代に張り込みを共にした、
良き戦友です。(私だけかな?)

同展示会では、偶然にも
当時のスタッフ、和夫さん、藤内さんともお会いでき、
旧交を温めました。

miyajima.JPG

午後は、渋谷駅前の某会議室にて、
企画のたまご屋さんで、私がプロデュースしている
新刊の「タイトル決め」のために、
編集者と著者と私で、3時間近くミーティング。

3人の右脳をフル回転させて、ようやく妙案が。

類書を参考資料び、現在販売中の書籍を分析しましたが、
究極は、【王道に勝るものはなし】でした。

いつの間にか、たまご屋さんマスコット「ホンガスキー」氏も同席。

kaigimae.JPG

懐かしさと同時に、気がつけば52歳
高野兄編集者の手記でした。

posted by タカノマサヒロ at 17:28| Comment(0) | 八ヶ岳の編集的日記

2013年09月20日

北八ヶ岳にある「縞枯現象」を見てきました!


先週金曜に、北八ヶ岳にある
縞枯山(標高2,403m)と茶臼山に登りました。


縞枯山は、名前のとおりに、
針葉樹林が帯状に何れも枯れています。


この縞枯れの帯は、山頂に向かって
長い年月(約100年)をかけて
移動していくのだそう。

simagarefuukei.JPG

茶臼山からも、山の斜面に
白い縞が見えましたが、
実際に間近で見ると、
とても不思議な光景でした。

樹林帯の中の登山道では
多くの種類の苔が見られて、
まるで自然の日本庭園のようでした。
krekiyama.JPG

5時間弱の登山ルート、次は本丸の編笠山です!
高野兄編集長でした。

posted by タカノマサヒロ at 19:20| Comment(0) | 八ヶ岳の編集的日記